競馬野郎の独り言

主に競馬、日々の事を適当に

昨日の帰り道に考えたこと。(ダラダラ競馬病について)

最近、ダラダラ競馬している。
これは非常にまずい。
これでもよくなった方だけど、まだダラダラやってる。


なにがまずいって雑になることがまずい。


特に厄介なのが、twitter。的中報告や、それぞれのアカウントのおすすめの馬が流れてくる。安易に、良く当たってる人の発言に食いつく。ただそのとき運が良かっただけかもしれないのに。というか、当たったときだけ言ってる場合もあるしね。


とにかく根拠の書いてない予想に食いつく。いや、実際に出馬表を見て確かに良いと思ってある程度納得して買う。だけど、基本その程度の場当たり的な予想では当たらない。もっと時間をかけて予想するべき。

 

これが弱さ。こういう人が負ける。
風潮とか声デカくしていってるものになんの根拠もなく信じることはよくないすね。


まず、回収率をださない人は信じちゃだめですね。そして出してても偽装したり嘘つく人はたくさんいますから。(もちろん善人もいる。)

信じられるのは理由と根拠やデータを出した発言のみですよね。(そーいう事をきちんと書く人もたくさんいます。)


あとそもそも、回収率なんて長期的に出てくるものだから毎回乗らないと勝てないですしね。見逃したらアウトだと思う。あと、当たり前だけどホントに狙いたい馬は言わないですよね普通。



ちなみに自分で昨日推奨馬言っといてなに言ってんだと思った人。それ正解です。丸乗りは絶対ダメですね。(むしろブログに書いた通り、昨日の推奨馬から本命をどれにすればいいか教えて欲しかったです。)
だからあくまでも、自分で納得して買うべきですね。



 だからまあ、どうやったら少しでも勝てるのかなあと自分で考えました。

 



1.場当たり的に予想しない(展開予想、調教や馬場傾向やデータを丁寧にきちんとみる。)


2.レースを絞る。(馬場傾向がはっきりして、売り上げが多いメインレース、またはバイアスがかかりやすい最終がよさそう。あとは予想する時間の問題。全部予想してたら時間がいくらあっても足りない。だから雑になる。それでも全レースやりたいならファクター決めた自動購入ソフトにしないと費用対効果が悪すぎる。何時間もかけた予想でどれだけ儲けがでてるのか冷静に考える。)


3.レースを絞るからこそ絞ったレースに金額を多めにベットする。(参加するレースを減らす分勝負できる)


4.過剰人気馬を買わずに過小人気されてる馬を必ず狙う。(これはまあ、常識と言えば常識ですね。)


5.3連単で厚めに(ここは異論を認める。)



6.お金は捨てるつもりで。(余裕のある資金でという意味。ブレないように。)


7.長期的な結果を意識する。(毎レース一喜一憂しすぎない)


僕みたいな初心者はこれしかない気がしてます。少なくとも理屈的にはある程度は正しいんじゃないかなと。(もちろん間違ってたら変えなきゃダメ)


ただ理屈を言うのは簡単で、実行するのは難しい。ちなみにこのダラダラ競馬病は繰り返すんですよね。当たらないから、当てようとして「券種を簡単なものにしたり、金額もろくに考えず中途半端に参戦して負ける。」

競馬を楽しむだけなら、別にいくらやってもいい。でも負けたらつまらないすよね。本当に競馬が好きなら、かけないで見てればいいと思う。でもみんな絶対かけてるでしょ。みんな儲けたい、正直にそこは認めるべきだと思うなぁ。僕は実際そうだし。だからこそ買うときはルールを決めて買わないとダメすね…。まずは控除率に負けずに毎年年間で必ずにプラスできたら最高なんでそれに向けて頑張ります。




しかしアナログでやるってほんと大変だ。でも人間の弱さを身をもって実感できるからオススメです笑




誘惑に負けないようにこれからもがんばります。(こんなことをぼやいてもまたダラダラやるのが人間。その時はまた同じ事書きます。)


ちなみに、今日はメイン2レースだけしかやらなかった。偉い自分。外したけど。



それでは。